fc2ブログ

エンツォ プチ改造日記

デアゴスティーニ週刊フェラーリ・グランツーリズモのエンツォ・フェラーリ
をプチ改造していくブログ

第21号

第21号には、
タイヤハウス(リヤ/左)、エアインテーク(左)、オイルクーラーが付いてきます。

オイルクーラー中央に大きな穴が開いていますが、どうせエアインテークを付けるとほとんど見えなくなるので、これで良しとします。

しかしオイルクーラー固定部にタイヤハウスから大きなリブが出ていて気になるので、この部分をいじってみました。

左オイルクーラー完成

実車を見ると、リブが無い代わりに
薄い板を介してオイルクーラーがボルトで固定されている事が分かります。
この構造を再現してみます。

1)リブの切り取り

タイヤハウスのリブを切り取ります。

タイヤハウス上面はカーボンデカールが貼られているため
間違って削りすぎると修正が困難です。
そこで作業前に切り取る部分以外をマスキングテープで保護します。
左タイヤハウス マスキング

リブはニッパーで大まかに切り取った後に
デザインナイフと彫刻刀の平刃で削りました。
ペーパーがけが出来ないので、彫刻刀だけで出きるだけ平滑に削ります。
削った跡地はプラスチック地色の黒が顔を出してしまうため
クレオス#28黒鉄色に同#8シルバーを少量混ぜた色でタッチアップして誤魔化します。
左タイヤハウス リブ削除


2)固定部の製作

薄い板は手元に適当な厚さのプラ板が無かったので
例によってパッケージを切り抜いて作りました。
これにクレオス#2ブラックに同#30フラットベースを少量混ぜて半ツヤにした黒を塗ります。
左オイルクーラー固定プレート
(写真はサイズ調整前のものです)

板とオイルクーラーの間にある銀色のブッシュ?は
3mmの丸棒を薄く切ってシルバーに塗装して作りました。
丸棒を薄く切るときは台の上で転がすようにすると上手く切れます。
左オイルクーラー ブッシュ

ボルトはこれも適当な針金が無かったので
画鋲を切断してつくりました。

ブッシュを板に瞬接で固定し
ピンバイスで開けた穴にボルトを通して完成です。
左オイルクーラー固定部


3)組立て

オイルクーラー上のボルト頭と今回作成した固定部のボルトの芯が
一致するように注意して、固定部をオイルクーラーへ瞬接で固定します。
左オイルクーラー固定部2

後はそれを説明書どおりにWボルトでタイヤハウスへ固定して完成です。
左オイルクーラー完成

今回の小改造は、リブを削る時と跡地の誤魔化しさえ注意すれば
簡単な材料と作業で精密感が上がると思います。


おまけ

1)インテークについて

今回は保管指示となっているインテークですが
実車はこんな薄いブロー成型品?らしいです。
オイルクーラーに接する部分はかなり薄い事がわかりますが
キットのエッジを削り込むのは構造的に難しいかも…

2)タイヤハウスについて

キットでは一体成型されていて
内側にオイルクーラーからエアを逃がすスリットがあります。
肉厚があるし、どうせ見える部分でもないので、スリットの開口は行いません。

また実車のスリット部は実はリアクォーターパネル側にあるみたいです。
つまり実車のタイヤハウスはキットのように一体ではないのかもしれません。

上記画像はeBay出品のものなので、そのうち消えると思います。
後で必要と思う人は保存しておくと良いかもしれません。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dgez2008.blog77.fc2.com/tb.php/30-80a45b56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

プロフィール

出アゴ円蔵

Author:出アゴ円蔵
deagoenzou
出戻りモデラーです
デアゴのエンツォでリハビリ中です

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

総アクセス数

現在の訪問者数

現在の閲覧者数:

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する