fc2ブログ

エンツォ プチ改造日記

デアゴスティーニ週刊フェラーリ・グランツーリズモのエンツォ・フェラーリ
をプチ改造していくブログ

第2号

第2号にはリヤカウルとリヤスポイラーがついてきます。

どちらも外装部品なので、やることは創刊号のフロントノーズと同じく研ぎ出しです。

作業内容も注意点もほとんど同じですが、リヤカウルには給油口が、リヤスポイラーにはエッチングパーツが付いている所が特殊です。

リヤカウル完成

1.リヤカウル

研ぎ出しを行います。基本作業はフロントノーズと同じです。
要所をマスキングし、ペーパー→コンパウンド→コート材で仕上げます。

広い面積のパートが多くて、一気に処理したい気になりますが
ぐっと我慢して小さな面積に分けて、円運動を心がけて磨いていきます。

給油口はプラ製で塗料も他と違って柔らかく、削れ易いので注意です。
コンパウンドかけに留めたほうが良いかもしれません。
私はここで失敗して、創刊号に続き2号までも2冊買う羽目になりました…orz

rearcowl_masking.jpg

エアインテーク内側、左右フェンダーとエンジンフードの間の窪みは
意外と塗装が薄く下地が出やすいので注意です。

後部左右のメッシュのある窪みは塗装の状態が酷いです。
土手のエッジをマスキングで保護しておいて
小さく切ったペーパーと麺棒を駆使して磨いていきます。

作業がしにくく苦労する割りに目立たないので
コンパウンドだけしておけば良かったかもしれません。

リヤカウルは面積が広いので作業に丸々一週間かかりました。
リヤカウル完成


2.リヤスポイラー

研ぎ出しを行う前に、エッチングパーツの取り外しを行います。

齋藤氏のブログにあるとおり
エナメル溶剤を小筆につけてエッチングパーツ周囲に流し込みます。
1,2分するとエッチングパーツが浮いてきますので注意して取り外します。

外したエッチングパーツは裏の接着剤をエナメル溶剤でよく取って
折り曲げないように注意して保管します。

後は普通の研ぎ出しです。
エッチングパーツを付ける場所に印がついていますが、気にせず削ります。
スポイラー後方一段高い部分前側のエッジ部が、塗装が薄いので注意です。
スポイラー注意点

コート材まで仕上げが終わったら
エッチングパーツの裏にエナメルのクリヤーをほんの少しだけ付けて
元の位置に固定すれば完成です。
スポイラー完成

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dgez2008.blog77.fc2.com/tb.php/4-d2b88877
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

プロフィール

出アゴ円蔵

Author:出アゴ円蔵
deagoenzou
出戻りモデラーです
デアゴのエンツォでリハビリ中です

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

総アクセス数

現在の訪問者数

現在の閲覧者数:

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する