FC2ブログ

エンツォ プチ改造日記

デアゴスティーニ週刊フェラーリ・グランツーリズモのエンツォ・フェラーリ
をプチ改造していくブログ

Ciao amici Italiani !!

Model_Carさんのつぶやき
イタリアのフォーラムにここのURLが貼られているとの情報がありました。

どんな事が書かれているか気になります。

イタリア掲示板


イタリア本国では既に、エンツォのシリーズは終了しています。
しかし依然として掲示板では色んな議論が続いています。

当然全てイタリア語ですが、ひとつだけ英語のタイトルのスレッドがありました。
タイトルが「Hi, Japanese friends!!!
日本人に気付いてもらって、反応してもらう事を期待しているみたいです。

しかし、スレッドが立てられたのは正月三が日…一体彼らは正月から何をやってるのだか…

どんな事が書いてあるのが気になったので、がんばって翻訳してみました。
とは言っても、イタリア語が出来るわけではないので、機械翻訳でイタリア語→英語に変換しての解読です。間違いや誤解があるかもしれませんm(_ _)m

どなたかイタリア語に詳しい方、間違いに気付いた方が居ましたら、指摘して頂けると助かります。



bizzio76
2009年1月3日 16:14:53

日本でのENZOのニュースを探し始めて、彼らがこのフォーラムを追いかけている事に気付きました(^.^)…この掲示板のトピックもエンジンの写真と一緒に取り上げられています。(もちろんそういった写真がここから流出して行くことは、しょうがない事ですけども(^_^)

しかし彼らは我々より遥かに恵まれてるみたい…上等なカバークロスとか、ネジの収納ボックスとか、立派な先曲がりペンチも貰えますし。梱包も良さそうです。(でも以前に見た事のある写真しか見つけられませんでした)

東洋の友人が、このトピックに気付いて来てくれる様に、トピックに二重線でも引けたらなぁ。
でも私は英語が得意でないし、日本語は全然分からない…誰かやってくれないでしょうか(反応があるかどうか分かりませんが(-_-;)

とりあえず、いくつかリンクを置いておきます。うまく繋がるかどうか分かりませんが(もし駄目なら画像を直接貼りますね(^.^)

http://monoblogoo.blog15.fc2.com/blog-entry-485.html
(上のリンクでは「緑色のパネル」の中の青い文字のリンクをクリックすれば対応する記事に飛びます…)

http://dgez2008.blog77.fc2.com/blog-entry-22.html #more

http://modelcar.exblog.jp/tags/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%82%B4%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%8B/


rico49
2009年1月3日 21:17:32

bizzio76、あなたも分かっていると思うが…どの国にも、その国特有の慣習があります。
日本では何でも地面の上でやるから、きっとデアゴスティーニは日本人にカバークロスをプレゼントとして付ける事にしたんでしょう(^_^;) (注1)

私はラジオペンチを無くしてしまって自分で買いました。「Made in Japan」をね(^_-)


sanpol66
2009年1月4日 10:04:54

面白いサイトだ。カーボンデカールを貼る記事が好き。そして、ENZOの修理書が30ドルで買えることも分かった。千ページ以上だって!

すごいぜ!


bizzio76
2009年1月4日 11:20:11

やぁ、Rico、君のカバークロスの解釈はなかなか良いねぇ…(^.^)エンジンなんか、きっと彼らは投げ出しちゃうだろうし…
ところでもし日本にもF430が導入されて要らなくなったら私に全部送ってくれ(^_-)


Il.Logico
2009年1月4日 16:07:36

面白い!
ちょっと息抜きに少し翻訳してみた(^.^)
しかし、「Deagostini」→「DeAgostitsuni」に、「GranTurismo」→「GranTuritsumo」って具合に結構誤訳されてしまう。 だから、以下についてもそんなレベルである事を承知してくれ。(注2)

先曲がりペンチは無料では無いみたい。単にこの掲示板の推奨品 のようだ。(注3)

面白いのは、ドア内装へのカーボンデカールの貼り付け方。
どうやら、まずデカールを水の入った容器に入れて浮かせた後にパネルに載せ、電子レンジで暖めた濡れタオルで包んで密着させたみたい。
もちろん最初に赤いパッドとハンドルは分解されている。

どうやら明らかにcapbarbossa(注4)はキツネ目(注5)をした日出ずる国の影になってしまったようですねぇ(^.^)(注6)

メッセージを残すフォームも見つけたのだが、正しい所へ残せたか分かりません。(-_-;)


capbarbossa
2009年1月4日 22:24:47

なんだって!我々は日出ずる国で有名になったのか?(*_*)
もし彼らがここを読んでいても、著作権がうるさいから何もできないと断言する…な~んて冗談。ようこそいらっしゃいました。
まずは一言「se ghin ghin se no sciau(注7)

追記:なんとか苦労してJAPのやっている事を見てみた。こういった所が私の長所だ。ふむ結構手を入れているな。しかし我々は誰だ?メイドの子ではないぞ? (-_-;) (注8)

これは自分ではなく、???(伏字?)ではなく、利益を望む者に言いたい。良いコレクションを望むなら世界のコレクターから提供される物をチェックしなさい!…合掌。 (注9)


bizzio76
2009年1月4日 23:34:20

sanpol66へ
ENZOのメンテナンスマニュアルがダウンロードできるリンクも見つけた…296ページある(もう既に誰か報告済みかもしれないが)

il Logicoへ
私の言った先曲がりペンチは、あなたの見たサイトの物じゃないです…DeAgostini JapanのENZOの紹介ページで見ました…たぶんこれは購読者へのプレゼントです。


rico49
2009年1月4日 23:37:58

気化燃料分離器のパイプの配索についての記事に気付いた?
(ここの画像がダウンロードしたマニュアルから取ったものか、我々のフォーラムから取ったものか分かればよいのだが…)
彼らは4本のうち1本のパイプをカットしているが4本目のパイプの行方は明らかでない…これに気付けばよいのだが。

それと…Il.Logicoの言うとおり、翻訳が酷い事になってる…こっちが悪いのかもしれないが…それにしても彼らのリンクはちょっと分かりにくいな。


sanpol66
2009年1月5日 01:13:47

Bizzio76へ
ENZOのユーザー&メンテナンスマニュアルなら、私は随分前から持っていますよ(多分、ここの住人の多くもね)。しかしリペアマニュアルについては、それが有れば我々の疑問を解決するのに一番なのだが、フリーの物はまだ見つけていません。

日出る国の友人に敬意を表しましょう!


Il.Logico
2009年1月5日 15:21:01

確かに、ここでイタリア語で議論を続けている限り、「知覚障害者の対話」のままだろう。
昨晩私はメッセージを書き込もうとしたのだが…なんと遠い事か!ユーザー登録は無いが、そこには良く知られたスパム防止システムがあった。(変形された文字がボックスに表示されるタイプ)。問題は、我々が欧州コードを使用しているに対し、彼らは日本語コードを使用してる事だ。 (注10)

そういった訳で、試しにここに英語のメッセージを残すしてみて、何が起こるか待ってみる、ってのはどうだろう?(^.^)


bizzio76
2009年1月5日 18:11:26

Il.Logicoへ
「ようこそ」とか「招待」みたいな英語メッセージが開くようにしてみたらどうかと思うのですが、私は十分な知識がありません。

sanpol66へ
実はメンテナンスマニュアルの情報については疑っています…もしそれが新しい情報ならば嬉しいのですが…フリーであれば探してみますね(^_^)


shark
2009年1月5日 18:26:09

英語で書けば確かに答えは帰ってくるだろうけど、試しに「Bergamasco vulgaris」 (注11)って書いてみるのはどうだい?(^_^;)



注1:日本の畳とか布団からくるイメージでしょうが…明らかにジョークですね。
注2:「デアゴスティーニ」、「グランツーリズモ」を機械翻訳に通すと、こうなっちゃうみたいです。
注3:多分、
私の3号の記事にある100均ペンチの写真を見て誤解したみたいです。
注4:capbarbossa氏は、あちこちを金属加工する凄い改造を沢山されています。
注5:キツネ目(アーモンド型の目)は、東洋人の切れ長の目を指す表現です。
注6:大戦中、日本は旭日旗(Rising Sun)を掲げていましたから、このように表現される事もあるみたい。
注7:イタリアの成句で、「忍耐がなければたどり着けない」みたいな意味らしいです。
注8:メイドの子、召使の子というのはイタリアの罵り語の一つらしいです。
注9:マタイによる福音書の一節「求めよ、さらば与えられん…アーメン」のもじりでしょうか?
注10:FC2ブログのコメント入力では、数字が歪んだカタカナで表示されますから、彼らには読めないでしょうねぇ…
注11:ちょっと意味不明…Bergamascoは北部ベルガモ地方を指し、そこは石工が多く「田舎者」の代名詞だそうなので、「ただの田舎者」って揶揄してるのかも…



2009/2/28追記

monmon様が、向こうのForumへ凸撃書込みを敢行してくれました。
その勇気と行動力に感謝&拍手です。

さっそく、レスが付いているようです。ちゃんと英語で返事を書いてくれています。



COCIS(注12)
2009年2月26日 20:42:49

やあ、monmonさん、いらっしゃいませ。
あなたが、DeAgostini Ferrari Enzoを製作するブログをつけている友人を通してこのForumを知った事が分かりました。
我々は、すでに昨年に組立てを終えていますが、幾人かはまだディテールアップとアップグレードの作業を続けています。もし我々の作業内容を見たいならば、以下のスレを見てみてください。

http://forum.deagostiniedicola.it/topic.asp?TOPIC_ID=17268
http://forum.deagostiniedicola.it/topic.asp?TOPIC_ID=13116
また、我々の完成品の写真を見たいならば、こちらのスレを見てください。

http://forum.deagostiniedicola.it/topic.asp?TOPIC_ID=21619

注12:COCIS氏はForumの管理人的立場の人みたいです。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

このページのトップへ

コメント

なるほど・・・

二つの意味でなるほどです。
伊→英→日なら分かりやすくなる可能性があるんですね。
直接、伊→日だとちんぷんかんぷんでした。

そして、海の向こうでもこちらに興味があって、コミュニケーションをとりたいんだな!ってのが分かりました。
(少しホッとしたような。若干口の悪い人もいるみたいですが。笑)

とにかく、情報ありがとうございます。

  • 2009/02/25(水) 01:58:58 |
  • URL |
  • Model_Car #-
  • [編集]

Model_Carさま、こんにちは。

直接、伊→日だとホントにチンプンカンプンですね。

ネット特有の略した言い回しやスラングが混じってるみたいで
それを機械翻訳してますから、実は伊→英でもかな~り怪しいです…

コミュニケーションを取ってみたい気もしますが…勇気と言語が大きな壁です(-_-;)

最近はまともな組立ても無いのでモチベーション維持が大変ですが
フレームがくれば形も見えるし結構忙しくなりそうなので今後に期待してます。

  • 2009/02/25(水) 17:56:49 |
  • URL |
  • 出アゴ円蔵 #-
  • [編集]

翻訳ありがとうございます。

出アゴ円蔵さんはじめまして、噂のフォーラムでリンクされていたmonmonといいます。
素晴らしい!
翻訳ありがとうございます!
なんか、悪口書いてあるかと思ったら、良いことじゃないですか^^
適当な英語で書き込んだら、イタリア人は誰か理解してくれるだろうか…。
翻訳そのまま変換して書き込んでも意味不明でしょうね。

彼らは認証用キーワードの壁を越えられなかったってことでしょうかね。
日本語で数字の画像が書いてありますしね。

なんかもやもやがスッキリしました。

  • 2009/02/26(木) 01:16:16 |
  • URL |
  • monmon #eQhucDEg
  • [編集]

monmonさま、いらっしゃいませ(^^)

私もどんな悪い事を書かれてるんだろうと気になって、訳してみてホッとしました。

彼らは皆常連さんみたいで、それぞれ結構すごい改造をされています。ちょっと口の悪い人も居るみたいですが…(^_^;)

彼らがこちらに簡単にコメントを書き込めるように、認証を一度外してみたんですが、早速スパムコメントが一杯入ってきてしまって…すぐに元に戻しました…

やっぱりコミュニケーションを取るには、こちらから出向かないと駄目みたいです(-_-;)

  • 2009/02/26(木) 18:50:48 |
  • URL |
  • 出アゴ円蔵 #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dgez2008.blog77.fc2.com/tb.php/40-e0479ee3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

プロフィール

出アゴ円蔵

Author:出アゴ円蔵
deagoenzou
出戻りモデラーです
デアゴのエンツォでリハビリ中です

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

総アクセス数

現在の訪問者数

現在の閲覧者数:

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する