fc2ブログ

エンツォ プチ改造日記

デアゴスティーニ週刊フェラーリ・グランツーリズモのエンツォ・フェラーリ
をプチ改造していくブログ

第16号(2)

前回は、サイドカバーの薄化を行いました。

今回は、ただの円筒形をしているオイルタンクをディテールアップして、省略されているパイプ類を再現してみました。

オイルタンクパイプ接続


実車をみると、オイルタンク下部には3方向にリブがあります。

上部左側には側面から前方に向けてパイプが出ている事が分かります。
このパイプは、ユーザーマニュアルのエンジン図を見ると、以前に作成したバンク間のパイプ中央に繋がるようです。
エンジン側面図

右側のパイプ基部は、第24号についてきたオイルクーラーパイプの1本に接続されます。

これらをなんとか再現してみます。

1)パイプの基部の作成

左のパイプ基部は2mmプラ棒を曲げて作成しました。オイルタンクに固定する土台として真鍮線を植えてあります。
オイルタンク左パイプ基部

右のパイプ基部は3mmプラ棒とプラ板を組み合わせて大まかな形をつくり、パテで整形して作りました。こちらも左側と同様に、土台として真鍮線を植えてあります。
オイルタンク右パイプ基部

パイプが接続される部分にはプライマーを塗布したM2ナットをつけてあります。この六角形の部分は第24号のパイプに再現されていますが、ちょっと小ぶりなため、接続する時にパイプ側を切り取るつもりです。

2)パイプ基部の固定

パイプ基部を固定する部分にピンバイスで穴を開けます。
オイルタンク上部には十字型の突起があり、差し込む向きが決まっている様な気がするのですあ、説明書では明示されていません。
一応自分は、上から見て「十」の向きになるようにして、パイプ基部の位置を決めました。
オイルタンク穴あけ

後でエアクリーナーを装着する時に干渉するかもしれませんが、その時はエアクリーナー側を削って対応しようと思います。

3)リブの作成

リブは、オイルタンクをエンジンに挿した状態で、紙でピッタリあう形をとってから、それを型紙にして0.5mmプラ板で作成します。本当は3方向にあるのですが、前方エンジン側は多分見えないと思うので省略しました…
オイルタンクリブ作成

作成したリブをオイルタンク下部に接着し、エンジンに挿してみて形状を削って調整します。
オイルタンクリブ接着
この作業では、オイルタンクを何度も抜き差しする必要があるのですが、オイルタンクとエンジンの勘合はかなりキツ目なので、オイルタンク内側を削って少し弛めにしてあります。

4)整形

パイプ基部とオイルタンクの境い目にパテを盛って、なだらかに整形します。実車は結構はっきりした溶接跡も見えるのですが、そこまでは再現していません。
オイルタンクパテ盛

5)塗装

全体をツヤ消し黒で塗装します(右パイプ基部の六角形パーツは半ツヤ黒)。
オイルタンク塗装

なんだか、ク○マティ高校のメ○沢みたいになりました…

6)組立て

エンジンに搭載して、左パイプ基部とバンク間パイプ中央部をケーブルで接続します。アクセントにアルミテープを巻いてみました。
オイルタンクパイプ接続

現時点でのエンジン部の全体像です。だいぶゴチャゴチャした感じが増えてきました。
オイルタンク完成

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

このページのトップへ

コメント

なんか

なんか、オイラのエンツォとダイブ違うぞ~!
こんな感じなら11万エンツォはらってもいいような気がするぞぉ。
カッコいい!!

  • 2009/03/05(木) 00:59:56 |
  • URL |
  • Model_Car #-
  • [編集]

Model_Carさん、こんばんは
お褒め頂きありがとうございます(^.^)

「模型を完成できない病」っていう難病のリハビリ中なんで、
とにかく手を止めないようにしてますw

その点、定期的に送られてくるシリーズは、
やる気を維持してくれるのでリハビリに最適ですね
さて、次のネタを考えないと…

  • 2009/03/05(木) 18:50:12 |
  • URL |
  • 出アゴ円蔵 #-
  • [編集]

す・・・すごい

出アゴ円蔵さん、こんばんは。
うむ。ここまでやるとは。私には無理ですね。
しかし、写真のケ-ブルのまとめ方、凄く参考になります。確かにチュ-ブで繋がってるだけじゃあ、真実味がないですよね。早速ここだけでも真似させて頂きます。しかし貴方の模型に関する拘りには敬意を表します。

  • 2009/03/05(木) 20:29:03 |
  • URL |
  • はまちゃん #-
  • [編集]

はまちゃん様こんばんは。お言葉ありがとうございます。
私の場合、今はエンツォしか手がけてないので時間を余計にかけられるだけかも…実は作業自体は簡単な事しかしてませんし…(^_^;)

プラグケーブルですが、エアクリーナーを付けると実はほとんど見えなくなるみたいです。だから私の作業は完全に自己満足って結果になりそう(T_T)

イタリアの掲示板をみると、同じような事をしている例は意外と無いみたいです。その代わり、インマニの間に通してしまう例があるようです。(多分、一回外して挿しなおすだけ)
http://www.deagostiniedicola.it/upload_img/E_20071125174657af72Yl_36945.jpg
http://www.deagostiniedicola.it/upload_img/E_20071125174842kPGr37_36945.jpg
実際の配索とは当然違うと思いますが、手間と見栄えのバランスを考えると、なかなかうまい方法にも思えたりします。

まだ先は長いですが、お互いがんばりましょう

  • 2009/03/05(木) 21:16:56 |
  • URL |
  • 出アゴ円蔵 #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dgez2008.blog77.fc2.com/tb.php/44-138e5d2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

プロフィール

出アゴ円蔵

Author:出アゴ円蔵
deagoenzou
出戻りモデラーです
デアゴのエンツォでリハビリ中です

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

総アクセス数

現在の訪問者数

現在の閲覧者数:

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する