fc2ブログ

エンツォ プチ改造日記

デアゴスティーニ週刊フェラーリ・グランツーリズモのエンツォ・フェラーリ
をプチ改造していくブログ

第14号(3)

いまさらエンジンの組立てについてなのですが…
このキットのエンジンは、左右の部品が前と中央のみネジで固定されるため、後部に隙間が開きがちです。

私の場合、何度も分解組立てをしたせいか、すぐに隙間が出来るようになってしまいました。
エポキシで接着してしまうのが一番簡単で確実なのでしょうが、後で分解できるように、後部もネジ止めにしてみました。

右ボルトヘッド隠し


エンジン後部は構造的に左右から締め付けるしかないので、側面にボルトを通す穴を開けます。
また、組立て後にネジが出来るだけ目立たない方策を採りました。

1)穴あけ(右)

右側はリアカバーでボルトが隠れるような位置に開けます。
エンジン右穴
残念ながら3mmネジしか調達できなかったので、3mm径の穴を開けます。このサイズだとボルトヘッドがサイドカバーの土台に干渉するため、土台を少し削りこんであります。

2mmネジなら削らなくても窪みに丁度収まるような気がします。

2)穴あけ(左)

左側は右側のちょうど反対位置に開けますが、こちらは隠してくれるものが何もありません。
エンジン左穴
エンジンルームに搭載してしまえば、ほとんど見えない位置ですが、ナットを付ける訳にはいかないので、タッピングすることにしました。

今回は3mmボルトなので、2.5mmの下穴を開けて、3mmタップでネジを切りました。このサイズで相手がアルミ合金なので、特にチャックが無くても、タップをペンチで回せば簡単にネジが切れます。
エンジン左タッピング

3)ネジ止め

ボルトは丁度の長さに切断しておきます。
エンジン締結ボルト切断

元のようにエンジンを組んで、用意したボルトを締め上げると、このように隙間がピッタリ無くなりました。
エンジンボルト接合

右側のボルトヘッドがかなり大きく目立ちますが、サイドカバーを付けると、隠れて見えなくなります。
右ボルトヘッド隠し

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dgez2008.blog77.fc2.com/tb.php/53-e7d900e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

プロフィール

出アゴ円蔵

Author:出アゴ円蔵
deagoenzou
出戻りモデラーです
デアゴのエンツォでリハビリ中です

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

総アクセス数

現在の訪問者数

現在の閲覧者数:

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する