fc2ブログ

エンツォ プチ改造日記

デアゴスティーニ週刊フェラーリ・グランツーリズモのエンツォ・フェラーリ
をプチ改造していくブログ

零戦もろもろ

デアゴスティーニ「零戦をつくる」新潟版の記事は
期間限定のつもりでしたが…

検索エンジンからは、ここの記事目当てで来訪される方が、いまだに多い様子です。

検索キーワード一覧


アクセス解析で検索キーワードを見ると、零戦関連ばかり…
リピータ率は約8割なので、新規で来られる方のほとんどが零戦目当てなのでしょう。だとすれば、大変に申訳ありません…

新潟で「零戦をつくる」が販売開始されてから、ほどなく製作ブログやサイトが複数出てくると思い、それまでの期間限定と考えていたのですが、今だにそういった所は無いみたいです。おかげで相変わらず「零戦をつくる」で検索すると、ここが上位に出てしまいます。
ぐぐる検索結果
一応ここはエンツォ専門なのですが…(泣

2ch情報では、デアゴスティーニに電話で注文すれば、新潟でなくても購読できるそうです。どこで知ったか聞かれた時には(おそらく)ここの名前を出すとおkだとか…本当でしょうか?(汗

その2chですが、大規模規制以来、最近はほとんどアク禁状態で全く書き込みできません。
接着とか塗装とか、嘘?としか思えない書き込みもあり、情報が少ない中で真に受ける人が居ないかチョット心配です。

現物を見てないから責任は持てないのですが…個人的見解をひとつ。

接着:
桁の接着は、流し込み型の瞬間接着剤か嫌気性接着剤が良いかな?と思います。
瞬間接着剤だと白濁の恐れがありますが、100均でも売っている剥がし液を使えば、相手が金属なのでふき取りも簡単ですし、問題が有ったときに後から分解する事も出来そうです。
嫌気性接着剤だと白濁もしないし拭き取りも簡単ですが、後で分解する羽目になった時に苦労するかも。

昔作った木製飛行機の経験では、桁構造の翼は仮止めで翼全体を組み上げてから、図面にあわせて各部の位置を調整して本接着してました。
今回の「零戦をつくる」では、実寸の図面は無いでしょうからそれが出来ません。
なので、主桁と大骨・小骨でボックス構造が出来るまでは仮止め状態にしておいて、揃ってから本固定した方が安全に思えます。


塗装:
翼の桁類は、プライマーを吹いてからクリアブルーが適当かな?と思います。
所謂「青竹色」はアルミ地色へクリアブルー色の防錆塗装をした後の状態らしいです。今回は地が本物の金属なので、まさに実機同様と言う訳です。この方が金属モデルって事を主張できそうな気がしますし。

シリンダーブロックは幸いな事にかなり精度が高い様子です。全体を無塗装で仕上げる場合でもエンジンやコクピットだけは塗装した方が見栄えが良いかも。
その塗装は焼鉄色が指定されている様ですが、スケールからみて実機通りに黒が良いと思います。プライマーを吹いてから黒で塗って、焦げ茶のウォッシングと銀のドライブラシを好みでごくごく控え目にするのが適当じゃないかと思います。

新潟では全国発売に向けて既に隔週販売に切り替わったそうです。
ということは、C62組やハーレー組がターゲットということでしょう。エンツォ組はタイミングが合いそうに無いです…

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dgez2008.blog77.fc2.com/tb.php/62-47a018e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

プロフィール

出アゴ円蔵

Author:出アゴ円蔵
deagoenzou
出戻りモデラーです
デアゴのエンツォでリハビリ中です

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

総アクセス数

現在の訪問者数

現在の閲覧者数:

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する