fc2ブログ

エンツォ プチ改造日記

デアゴスティーニ週刊フェラーリ・グランツーリズモのエンツォ・フェラーリ
をプチ改造していくブログ

第36号

第36号には、センターコンソールが付いて来ます。

スタートボタン他、かなりディテールが省略されているので、多少手をいれてみました。

太陽光センサ固定

1)分解

まずは分解します。裏のネジ2本を外すと、スタートボタンが取り外せます。
センターのスイッチパネルは、裏の溶着部分2箇所を削ると取り外せます。
センターコンソール分解

2)スタートボタン

キットのボタンは実車に比べると随分と細く貧弱に見えます。
センターコンソール分解
対米モデルではスイッチパネルの一番下に気温センサが付いていますが、キットのように仕様によっては無い物もあるみたいです。

スイッチは2mm丸棒でつくるため、スイッチの穴を拡げます。
スタートボタン穴拡大

スイッチの構造は、ステアリングのホーンでやった方法と同じです。
根元のリング状の部分は3ミリ丸棒に穴を開けて薄切りして作成しました。
スタートボタン部品

センターコンソールが傾斜しているので、スイッチの棒部分は裏の押さえ板に対して斜めに付きます。スイッチは赤く塗って、トップに自作デカールを貼ってみましたが…滲んで文字が見えなくなってしまいました。リング部品はスイッチパネルに接着して半ツヤ黒で塗装してあります。
スタートボタン塗装

3)A/Cパネル

キットは、外気導入ボタンには細かい印刷がされているくせに、ダイアル類には全く印刷がありません。そこでデカールで再現してみました。
ステアリングスイッチの時と同様に、Excelで作成した図をK-TRADING製のシートに印刷し、クリアでコーティングして作成します。
ACパネル デカール

A/Cパネル部に貼り付けるまでは上手く行ったのですが…半ツヤクリアをかけすぎて、こちらもちょっと滲んでしまいました…苦労したのに残念。
ACパネル デカール貼り付け

4)上部ボルト

キットではセンター上部のボルトは印刷で表現されているので、これを変更します。
まずはボルトを別部品で表現するため、印刷の部分に1.5mm穴を開けます。
ダッシュ上部ボルト穴

ボルト自体は2mm丸棒を伸ばし1.5mm弱にしたものに穴を開け、シルバーで塗装して作成します。開けた穴に、作成したボルトが上面と面一になるように裏から調整して固定し、エナメルのつや消し黒で墨入れしました。
上部ボルト完成

5)太陽光センサ

上部のボルトと空調ダクトの間の丸い窪みは、マニュアルによると太陽光センサ(Sun Radiation Sensor)のようです。
内装の各部名称

実車ではセンサ中央部が丸く出っ張っています。
内装の各部名称

キットの窪みにあわせて3mmの穴を開けます。センサ自体は3mmと1.5mm程度のプラ棒を組み合わせて作りました。
太陽光センサ穴
穴の中にはセンサの角度を調整するためにプラ板を押し込んであります。

センサを半ツヤ黒で塗装し、穴の中に固定しました。
太陽光センサ固定

6)組立て

色々と手を入れたセンターコンソールをダッシュボードに固定して完成です。
センターコンソール完成

あちこちの隙間や助手席エアバッグとか、他にも気になる所も一杯ありますが、刊行ペースに遅れてしまいそうなので、とりあえずこの辺で先に進もうと思います。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dgez2008.blog77.fc2.com/tb.php/72-cd3e8d2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

プロフィール

出アゴ円蔵

Author:出アゴ円蔵
deagoenzou
出戻りモデラーです
デアゴのエンツォでリハビリ中です

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

総アクセス数

現在の訪問者数

現在の閲覧者数:

最新コメント

カテゴリ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する